Report : 20171104 竹炭珈琲焙煎体験

那珂川町での観光プロジェクトにて

参加者の皆さまに「バンブーコーヒー」を

自分で作って頂きました。

「珈琲飲みたいなら、自分で作れ!」

いやいや、冗談です(*´Д`)

「アウトドアの環境で珈琲を飲むと

どんだけ美味しいのか」

をみなさまにお伝えしたくて

どうせならさらに

「自分で焙煎した珈琲がどれだけ美味しいのか」

という体験を同時に味わって頂こうと思いました。

最初にお伝えしておきます・・・

自分で焙煎した珈琲は

バカウマ!

どんな珈琲にも

絶対負けません。

という訳で、生豆からスタートです。

みなさんが来るまでに

器具をセッティングしたり

8組分の火おこしをバタバタと進めました。

今回は8組で20名以上の方が

参加してくださいました(*'▽')

字は下手くそですが

参加へのありがとうとよろしくのメッセージを

ひとつひとつ心を込めて書きました。

わたしはリョーユーパンが大好きです!

↑ 九州・山口の方ならわかる

おもてなしのひとつとして

那珂川町で知らない人はいないのでは?

「ヒデちゃん農園」のサツマイモも準備♪

前日、ヒデさんに「イモくれ!」と無理を言って

朝採れたてのオイモをゲッチュ。

参加者がそろったところで

時間がないので急ぎます!」と

自己紹介もそこそこ、叫ぶともみ

・・・みなさん 不安顔 です。

ただし魔法の言葉だけはお伝えしました。

ともみさ~ん、助けて~

この言葉さえ覚えていればバッチリなのです。

始めは恐る恐る・・・

なんとなく焙煎をはじめました。

これから何が起こるか参加者の方は

よくわかっていません。

とにかく手を止めたらダメ!

とだけ言われています。

開始から10分を過ぎたころ・・・

珈琲の香りとバチバチという

珈琲豆になるための音が聞こえ始めました。

みんなの気分もワクワクに変わってきて

「キャー」とか「わー」とか「イイ香りが!」

とか騒いでいます。

楽しそうです( *´艸`)

マシュマロを焼いてる人もいましたね♪

ともみは火力調整のため駆け回り

ともみさ~ん」という声に導かれ

焙煎状態のチェックをして回ります。

手網焙煎は、単純作業に見えますが

およそ20分間ノンストップで

集中力も必要となるので

なかなかの過酷な作業となります。

少しずつ「ううう」と

苦しみの声が聞こえてきたので

がんばれ~集中!集中!」と

励ましながら進んでいきます。

そんな中・・・

焼き芋が出来上がってきました。

竹炭でジワジワ焼いた贅沢品。

激クリーミィーで、当然ヤバウマです。

どんどんと焙煎が終了し

世界にひとつだけのバンブーコーヒー

ぞくぞくと誕生していきます。

赤ちゃんも興味深々なのです。

余談ですが・・・

グァテマラではミルクのかわりに

珈琲を哺乳瓶で飲ませるのは普通らしいですね。

普段からおうちでハンドドリップしている方が多かったので

自由に淹れてもらって、好きな場所で楽しんでもらいました。

みなさん過酷な作業後なので、ホッと一息(*´Д`)

私が元気になる魔法の言葉をたくさん聞きました

こんな美味しい珈琲

今までに飲んだことない!

そう最初にお伝えしていました・・・

自分で焙煎した珈琲は

バカウマ!

どんな珈琲にも

絶対負けません。

まだ体験したことないアナタへ・・・

アナタも一緒に想い出作りしませんか?

BCRではこんなイベントを今後も行いますので

ぜひイベントチェックしてくださいませ。

ご参加頂いたみなさまへ・・・

急遽スタッフが不足したため

足りないところがたくさんあったことを

お詫び申し上げます。

お持ち帰り頂いた自分焙煎の珈琲は

もう無くなってしまったでしょうか。

また一緒にヤキヤキできたら嬉しいです。

幸せな時間をありがとうございました。

StartFragment

BCRで大切にしていること・・・

だれと いつ どこで どんな風に

コーヒータイムを楽しむか

珈琲を飲むことに技術は必要ありません。

その場をどれだけ楽しめるか

どれだけ癒せるかで

珈琲の美味しさが決まります。

考えすぎないで♪

EndFragment


関連記事:
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now